2018年10月のメニュー

今月はハロウィンシーズンということで、かぼちゃづくしのメニューです!
ちょっと怖かわいいお菓子を作ってプレゼントしちゃいましょう。
お教室もハロウィンをテーマに飾り付けしてお待ちしています!

ケーキクラス

「かぼちゃのスフレチーズケーキ」

ふわふわのメレンゲ、クリームチーズにかぼちゃピューレを加え焼き上げました。
土台にはスポンジがしいてありますので、持ち運びしやすいです。
焼き立ても美味しいのですが、ちょっと冷めて馴染んだほうがワタシ好みです。
チーズが落ち着いて濃厚になりますよ!
セルクルで6個作ります。


「かぼちゃのレーズンウイッチ」

ココア生地のクッキーで、レーズンウイッチを作ります。
中にはラム酒につけたレーズン、かぼちゃのバタークリームをサンドしています。
ハロウィンなので、ホワイトチョコで模様を描きます。
(5~6個持ち帰り)

スペシャルクラス

「かぼちゃのパリブレスト」

パリブレストは有名なツール・ド・フランス、フランスのパリとブレストを自転車で走るレースのことで、まあるいシュー生地は自転車の車輪を表していると言われています。
本来はアーモンド風味のバタークリームなのですが、キャラメルカスタードクリームと、ほんのりシナモンをきかせたかぼちゃのホイップクリームをあわせました。
中には小さいプチシューが入っており、その中にキャラメルクリームが入っています。
キャラメリゼしたナッツとかぼちゃの種をちらして秋のイメージでデコレーションします。
(20センチのリング型1台持ち帰り)


「ミイラ男のエクレア」

同じくシュー生地でエクレアを作ります。ミイラ男に見立てて、ホワイトチョコで可愛くデコレーションしましょう。
(4本持ち帰り)

パン料理クラス

「かぼちゃのクグロフ」

バターたっぷりの柔らかい生地にかぼちゃのペースト、レーズンを巻き込みました。
生地にもかぼちゃを加えてほんのり黄色に仕上げました。
(18センチ1台持ち帰り)


「パプリカのジャック・オウ・ランタン」

南仏の家庭料理「ひき肉のファルシ」をジャック・オウ・ランタンに見立てたパプリカで作ります。
かぼちゃをくり抜くよりはるかに簡単です!
指型クッキーも作りましょう。


「かぼちゃのリゾット焼き野菜添え/バターナッツのスープ」

イタリアのリゾットにかぼちゃと少しのブルーチーズを加えて作ります。
苦手な方でも食べられる程度だと思います。(ご相談くださいね)
冷めたリゾットをパン粉を付けてあげたアランチーニが美味しいです!
ひょうたんのような細長いベーシュ色のバターナッツ。これもかぼちゃの仲間です。
これでスープを作りましょう。


10月8日(祝月)かっぱ橋の道具まつりツアー行います!

よろしければご一緒いたしましょう。

10月23日(火)フランス家庭料理の会

フランス留学時代の家庭料理の師匠、私の先生のアルマーニさんが来日します。
フェーヴでレッスンしていただきます!
参加者募集中です♪

11月1日から5日までフランス研修旅行に行ってきます。

サロンドショコラに行くので、帰国後お楽しみに