2016年4月のメニュー

4月は春らしいカラフルなケーキです!

ケーキクラス

「ポワソンダブリル」

DSC_0370 DSC_0377 

ポワソンダブリルとは直訳すると「4月の魚」。4月1日のエイプ リルフールにちなんだお菓子です。
16世紀の昔、フランスの王様シャルル9世が初めてヨーロッパで グレゴリー暦を採用し、1月1日を新しい年のスタートと決めました。しかし、新年が4月1日から始 まる旧暦に長く慣れ親しんだ人々がこれに反発し、4月1日がやってくると【新年おめでとう】 といって冗談を言い合い、お祝いをしたそうで、これがエイプリルフールの始まりになったといわれています。
4月は新しい季節の始まりで、春の到来を喜び、 飛び跳ねたお魚がいっぱい網にかかる季節でもあります。
この魚はサバで、サバはおバカちゃんの魚といわれ、 エイプリルフールの象徴です。
そんなわけでお魚の形をしたパイを焼いたり、 魚の形のチョコレートを贈る習慣が生まれました。
レッスンではパイ生地も作ります。
サクッと焼き上げたパイにカスタードクリームを絞り、 季節のフルーツをたっぷりと散らします。
シンプルですがあきの来ない美味しさです。


「ポルボロン」

DSC_0445 DSC_0435

スペインの幸せを呼ぶお菓子。2004年にレッスンをしています が、今回はより本格的なスペインの製法(ラードで作る)でレシピを変えて作ります。 粉を焼いてから仕込むのでさくさくほろほろの食感で、 口に含むとスーッと消えていきます。
なくなるうちに3回「ポルボロン・ポルボロン・ポルボロン」 と唱えられれば幸せになれるのだとか。。。
その名の由来は粉雪のような口どけから粉やちりを意味する「 ポルボ」から来ています。
このお菓子のルーツは7世紀にペルシャから伝わったといわれ、 スペインではアンダルシア地方が発祥とされています。
クリスマスに食べる習慣があり、贈り物にもされています。 アーモンドとほんのりとシナモンがきいて、簡単でおいしいクッキーです。

スペシャルクラス

「レモンチーズケーキバー」

DSC_1048

さわやかな季節にピッタリな、 レモン風味のレアチーズケーキバーです。
ボトムのザクザクした生地も手作りで、 わざと大きめのクランブルに仕上げ、食感を生かして仕上げます。
ビタミンカラーのレモンのマカロンを添えて可愛く仕上げます。

パン&料理クラス

今回は3月に旅行した台湾グルメの屋台料理です!


「胡椒餅」

P3200192 P3200190 P3200188 

台湾の夜市で有名な胡椒餅。名前は餅ですが、 ナンのような発酵生地で包んだ肉だねとネギがたっぷり入ったお惣 菜パンです。
焼き立てがおいしく、ゴマをつけて焼くのが特徴です。 本来はタンドールのような窯で焼き上げますが、フライパンとオーブンを使って再現したいと思います。


「カニとパッションフルーツのサラダ」

P3210244 P3210246 

台湾フルーツ料理のコースで食べた一品です。 ジャガイモのカニのサラダにパッションのさわやかさを添えていた だきます。


「ルーロー飯」

DSC_0431

屋台グルメの定番! どこで食べてもおいしい豚肉のそぼろ煮ご飯です。 ちょっと甘いこってりしたお醤油と五香粉が特徴で、煮卵とお漬物が必ず添えられます。 ご飯が何杯でもいけてしまうおいしさです。


「酸辣湯」

P3200082

すっぱからい卵のスープです。ネギ、タケノコ、 きくらげなどのお野菜が入ります。
これに麺を入れれば酸辣湯麺になります。

クックパッドレッスン

「イチゴの焼き菓子と3色ラップサンドのレッスン」

DSC_0396 DSC_0375

  • 4月11日(月)12日(火)19日(火)20日(水)
  • 10:30〜/19:00〜
  • 4800円

こちらは初心者向けのクラスです。
皆で共同実習になります。
柔らかな焼き菓子にイチゴジュレを添えたお菓子「タンドレス」とほうれん草、トマト、プレーン生地で野菜や肉を巻いた「 ラップサンド」を作ります。
お気軽にご参加ください♪

アトリエfeve主宰:飯田順子