2014年11月のメニュー

ケーキクラス

【フランクフルタークランツ】 

DSC_0100

DSC_0117

フランクフルタークランツとは、「フランクフルト の花輪」という意味です。
ドイツ西部のライン川の支流、マイン川に 位置する都市、フランクフルトアムマインという町の伝統菓子です。
リング型の王冠の形をしたバターケーキを、メレンゲを使った軽いバタークリームで覆っています。
まっ白なその姿は、まるでノエルをイメージ したようです。
周りにはキャラメルがけしたナッツ、プラリネ クロッカンをはりつけます。
バターケーキなのでお日持ちもします。(18㎝1台お持ちかえりです)


【カヌレ・ド・ボルドー】

DSC_0055

日本では、かつて一世を風靡したお菓子ですが、ボルドーの伝統菓子なので、ボルドーでは1年中食べられます。
むかしむかし修道院で作られていたお菓子で、カヌレとは「深い溝」を意味します。
作り方はとても簡単ですが、焼き方にポイントがあります。
今やカヌレ型も安価で手に入れられるようになりましたね。
家庭でも、簡単にあのお店の味が出せます。
何度たべても飽きない美味しさです。
(5個お持ちかえり)

パン&料理クラス

【さばのタルト】

DSC_0128

塩サバを使った絶品タルトで、フランスでは定番のお料理です。
塩サバは臭みを取るためにあることをします。
玉ねぎはアンチョビ風味をきかせてソテーしました。
トマトとバジル、タイム、フェンネルの香りをきかせた美味しいお惣菜です。
作り置きできるのでおもてなしにも使えます。
簡単なのにレストランのお味のようにできます。


【海老のビスク】

DSC_0071

捨ててしまうのがもったいないくらいおいしい、海老の殻でだしを取ったスープです。 トマトと香味野菜、生クリームを加えて仕上げます。
これからの季節、スープは体を温めてくれる重要な一品です。


【パプリカとチーズのディップ】

070

パプリカとクリームチーズを使った簡単なディップです。
隠し味に玉ねぎとピクルスを入れました。
スナックにつけてアペリティフに!


【セージとはちみつのフィセル】

DSC_0119

少し細長いフィセルタイプのフランスパンで、ほんのり甘いはちみつとあられ糖のついたパンです。
セージの香りが効いていて、軽いスナックにも、ワインにもあいます。

スペシャルレッスン

【マロンのサントノレ】

PA105271

サクサクのクッキー生地をのせて焼いたシューに甘酸っぱいカシスのカスタードクリームを詰めました。
もはやカシスとマロンの組み合わせは定番ですね。
タルトの中にはマロンクリーム、トップには栗 の渋皮煮をのせた、秋の味覚いっぱいの モンブランのような味わいのタルトです。

リクエストメニュー

【ポティロン】

PA095261

11月29日(土)18:30~

かぼちゃとホワイトチョコを使ったケーキです。
生地にシナモン風味のさくさくクランブルとスポンジ生地を 重ね、ホワイトチョコクリームと、かぼちゃクリームを交互に 絞りました。
10月に受講できなかった方、お見逃しなく!

コメントは停止中です。