2011年11月のレッスン

おかしクラス

マロンのシュークリーム

今月はシュー生地を筒に入れて円筒形に焼くシュークリームです。
お菓子屋さんの配合のシュー生地は、牛乳や砂糖がはいり、かりっとした食感の焼き色がしっかりついたものです。
これは先日来日したベルエのペルション先生による配合です。
パリでは、古典菓子を新しい手法で見せるのがはやっていて、シュークリームやエクレアのバリエーションが多くみられます。
中にはカスタード風味のマロンクリームをたっぷりとしぼり、マロンをのせて仕上げます。

トリプルリッチチョコクッキー

チョコレートをふんだんに使った、ソフトタイプのクッキーです。
生地にはブラックチョコを練りこみ、、トッピングにはミルクチョコ、ホワイトチョコ、マカデミアナッツを散らして焼く、チョコ好きにはたまらないクッキーです。

パンクラス

イチジクパン

セミドライのイチジクを入れた秋らしいパンです。
ライ麦粉を配合して田舎パンのような素朴な味わいにたっぷりのイチジクが入っています。

クスクス

クスクスとはモロッコやチュニジアなどの中近東で食べられる料理で、羊肉や鶏肉とトマト、ズッキーニなどの野菜の煮込みシチューです。
流行りのタジン鍋でもよく作られます。
広くヨーロッパでも食べられ、そもそもクスクスとは世界で最小のパスタのことです。
クスクスはお湯で戻してごはんのようにシチューに添えていただきます。

スペシャルクラス

モンブラン

モンブランとは白い山の意味。
ドーム型に作る真っ白いモンブランは、逆転の発想から生まれました。
一番外側にメレンゲ、中にはスポンジ、生クリーム、渋皮煮のマロン、ラム酒を利かせたマロンクリームが入っています。
イタリアのズコットケーキのように型の周りにスポンジを張り付けて作ります。

コメントは停止中です。